トップ > ライブラリー > > > 多摩美術大学博士課程展2020

多摩美術大学博士課程展2020

191204_doctor2020_A

Date :   2019
Size :   1030 x 728 mm (B1)
Client :   多摩美術大学
Keyword :   
Color :   グレー

第17回多摩美術大学博士課程展は、2001年度に開設し今年で17回目を迎え、5名の学位取得者を出すことになった。

 

美術・デザインにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成を目的としている。

 

会期は2020年3月4日(水)~23日(月)まで多摩美術大学美術館で開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響に伴い中止となった。

 

だが、中止になるまでの間、ポスターは告知の機能を果たした。

 

デザインのアイデアは、安土桃山時代の侘び茶完成者として知られる千利休のシルエットを生かし「目に見えないものを大切にする」イメージを描いた。

 

カラフルな三角形の集合体で顔は見えないように重ねて、利休の思想がより一層際立つようにした。